琥珀のvividなゲーム日記

ゲーム好きの琥珀がお届けする、色鮮やかな生活(だといいな)を書き連ねるブログですо(ж>▽<)y ☆

スポンサーサイト

Posted by 琥珀 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHP2G】幻獣の嘶き

Posted by 琥珀 on   9 comments   0 trackback

どうも、琥珀です(`・ω・´)

気が付けばもう6月も終わりに近付きつつありますね。
時間がたつのは早いもので・・・もうMH4発売まで2ヶ月少々になりました。

早いところ旧大陸モンスターを紹介しないと後々面倒なことになるので、さっさと書いてしまいましょう。


さて今回は、エアトスさんのご希望により、白き幻獣・キリンについてです。
まだMH4への参戦は決定してないですが、こいつの参戦はナルガ並に待ち望んでる方は大勢いるでしょう。

登場していないトライ系列の作品にも影響を及ぼした、あの伝説の装備を復活してほしい。
そんなモンスター・装備共々大人気なモンスターですね。

kirin.gif

装備に関しては私のプロフィールの画像にある通りです。

キリンが注目されたのはやはりその強さと防具のデザインですね。
無印やMHGのキリンはべらぼうに強く、おまけにクエストの配信が非常に短いことから、まさに幻のモンスターでした。

ドス系列から普通に戦えるようになったものの、MHF黎明期にはラオキリンと呼ばれる固体が存在していたようです。
信頼できる文献(モンスターハンター大辞典 Wiki*のことですが)によると、HP19500~22500、全体防御率0.50~0.55という能力を誇っていた。

これだけだとピンとこないだろうが、P2GのG級キリンがHP6080、全体防御力0.7ということを考えると、いかにネジが飛んだ能力かが分かるはず。
当時のMHF運営が人手不足だったとはいえ、かのラオシャンロン並みのキリンなんて狂気の沙汰としか思えない。

・・・まあ同じMHFにはナルガも真っ青になるほどの超高速で突進する固体もいますがね。
私はやったことないですが、剛種特異固体のキリンなんて上記のラオキリンとは違うベクトルで狂気の沙汰ですがねwww

言葉で言っても分からないと思うので、ようつべから動画引っ張ってきました。



最初からえげつないですが、8分過ぎから本気を出してます。



さて、キリンについてですが、キリンは雷属性の攻撃をメインにしています。
よって雷耐性を上げればダメージをかなり軽減できます。

上の動画のカメラ役の方も防御力700台、雷耐性30となってましたね。
動画を見れば一目瞭然ですが、この数値は近接の必須レベルです。

まあほとんどの剛種は防御力700以上ないと即死級のダメージなんですがね。

ちなみに他シリーズでも行われている散弾ヘビィもよく使われているようですね。
MHFにはスーパーアーマーが付加する「いたわり」というスキルもありますしね。

あ、動画上で疑問に思ったことはいくつかあるでしょうが、ひとつひとつ答えてるとキリがないですw
もちろん私もMHFは現役ではないので、お答えできないこともあるのでご了承ください。


大体の動きは動画にありますが、P2Gのキリンと動画のキリンは当然ながら大きく異なりますw

まずはキリンのアイデンティティ、落雷攻撃からですね。

落雷攻撃にはいくつかパターンがあり、自身に落とすパターン、自身の周りに落とすパターン、自身の前方に落とすパターンが一般的ですね。
G級になるとこれに付属して、狙ったハンターの位置に直接落とすパターンもあります。

上記3パターンは少々見分けが難しいですが、直接のパターンは大きくのけぞってから出すので見分けは簡単。
さらに納刀していれば軽く走るだけで避けれます。

ちなみに直接のパターンの落雷に当たると麻痺状態になります。
動画のほうも麻痺無効を付けていましたが、あの超高速突進の出始めは麻痺効果が付加しています。
特に3連ダッシュの場合は、途中で麻痺になるともれなく即死コンボになる。


もちろん落雷も脅威ですが、それ以上に通常の突進とケルビステップが厄介。

このケルビステップこそ、キリンがドスケルビと呼ばれる所以なのだが、問題はこの攻撃が無属性ということ。
無属性故に威力の軽減が防御力しかなく、元々の攻撃力も高いので威力も洒落にならない。
地味にスーパーアーマーがあるとのけぞらないが、そうだとしても食らうとまずい攻撃。

耐性によっては、怒り状態で行う雷纏いの突進よりも、ケルビステップや非怒りの突進のほうがダメージが大きいことがある。


これだけでも十分強敵ですが、分類不能という理由から古龍種に位置するキリン。
まだまだ難点は多いのですよ。

P2Gで下位や上位の防具のスキルを見ると、「全耐性」というスキルがあります。
その名の通り、全ての属性耐性を増減させるスキルですが、これもキリンの特徴を現しています。

キリンは他のモンスターと比較して、属性が効きにくいです。
弱点の火ですら肉質20以下です。

さらに身体の大部分を占める胴体の肉質も硬く、生半可な武器では有効打を与えることすらできない。

そんなキリンにも、しっかり弱点があり、キリンの武器である角が弱点部位となっている。
その肉質は切断90、打撃に至っては100と、あのドボルのコブよりも軟らかい。

しかし、角は非常に狙いにくく、大体は頭に吸われてしまうが、頭のほうは切断45、打撃40と激減している。
キリン攻略の鍵は、いかに角を攻撃できるかに絞られる。

数々のハンターが試行錯誤した結果、剣士は通称・背負い投げ、ガンナーは散弾ハメが最適とされた。

今回使った装備はこちら。

NEC_0241.jpg

元々の攻撃力の高いウェンカムルバスに攻撃と抜刀を付けた形ですね。
ただウェンカムは切れ味に少々難があり(素は青、匠で白)、しっかり頭に当てないと弾かれてしまいます。

まあ、角に当てさえすれば攻撃力1872の会心攻撃でひっくり返るようにダウンしますがねwww

この背負い投げについて、また大辞典から引用します。

•モンハンでは、キリン相手に使用するテクニックとして有名。
キリンは肉質が硬い上に、弱点の頭・角が小さく動きが素早い面倒な相手なので
睡眠や散弾などで倒すのが一般的だが、この技を使う事により簡単に、しかも楽しく倒す事が出来る。
•キリンは怯み値が一定に達したときにキリンとハンターの向きが同じでないと
ダウンしないという厄介な特性を持つ為、転ばせるのが大変であり、
またダウンした場合も結構な距離を飛んでいくので追撃が面倒だが、
リーチの長い武器で後ろから迫るキリンの頭を引っ掛けるように攻撃すると、
向きが同じになる為ダウンさせ易く、
加えて立ち位置の関係で飛距離も縮まるので追撃を加えやすくなり、
結果として連続でダウンさせられるので討伐が非常に楽になる。
◦「敵を背にして前方へ吹っ飛ばす」という光景が、あたかも柔道の背負い投げのように見えたので
この名がついたのだと思われる。


モンスターハンター大辞典 Wiki* より引用。


今回やったときはちょっと背負い投げの方法を間違えていて・・・ほとんど成功しませんでした。
キリン自体久々なので感覚を思い出すのにも時間がかかり、結果として満足いくタイムではありませんでした。

とりあえずの記録として出したのはこれ。

NEC_0242.jpg


背負い投げが完璧に決まれば10分針前半、さらには5分針も狙えるような戦法で、やっててかなり楽しいです。
もうちょっと精進します・・・・・・



さて、回数を重ねるごとにやっつけ感満載な旧大陸モンスター紹介ですが、次回はラージャンを紹介します。
牙獣の王にして、破壊の権化ともいえるラージャンもMH4に出たら面白そうですがねw



という訳で今回はここまで。
それではまた次回~(´∀`*)ノシ バイバイ

ランキングに参加しています! 是非ともクリックしてくださいね(・ω・)/

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター3Gへ
にほんブログ村 

MH3G ブログランキングへ

スポンサーサイト

【MH3G】洗濯機のスタンド

Posted by 琥珀 on   12 comments   0 trackback

どうも、琥珀です(`・ω・´)

よく分からないタイトルかと思いますが、読み進めていればわかると思うのでww
少しの間我慢してくださいwww


さて、連日更新していた旧大陸モンスターの紹介から少し離れて、久々に3Gの記事書きますよっ!

というのも、ついにアレが終わったのでご報告にきました。
本ブログのトップ記事にて掲載している目標・・・その3つ目が終了しました。

全最終強化武器351種、全て収集完了しました!

最後を飾ったのは以前書いたようにクレイジー・D。
先日PTで狩ってきてようやく作ることができました。

では、全ての武器を集めた証拠をお見せしましょう。

NEC_0237.jpg

NEC_0238.jpg

NEC_0239.jpg

NEC_0240.jpg


さて、証明写真を載せましたが、何故か夜笛【逢魔】を残しています。
もちろんエクリプストーンも作ってますが、カリピストの皆さんならお分かりですよね。

エクリの旋律は体力回復【小】、会心率UP&体力回復【小】、聴覚保護【大】ですが、お馬(カリピストはこう呼ぶらしい)攻撃力UP【大】と防御力UP【大】を両立している貴重な笛です。
最終強化ではないので切れ味が素で紫ではないですが、PT戦ならギガスゲニアくらい役に立つのでは。


さて、クレイジーを作るために黒曜石をやりましたが、正直言ってギリギリでしたw
しかも一回失敗してますからね・・・(主に私の2乙が原因・・・)

まあリトライの一回で無事クリアして、さらにダイヤが2個出てくれたのでよかったですw


そんなこんなで参加メンバーが全員クレイジーを生産できたので、早速全員でクレイジーな気分になりましたwww

NEC_0236.jpg

ただでさえ基礎攻撃力が高いクレイジーに真打、クエストは上位ナルガというwwww
まさにクレイジーなことになってますが気にしない。

クレイジーと言えば、味方を攻撃すると対象の体力を回復するという効果がありますよね。
なのである意味ハンマーの悪い使い方を学習するにはピッタリ(?)な武器です。

ここで件のタイトルなんですが、ハンマーの攻撃に回転攻撃がありますよね?
あれをクレイジーでやると・・・お分かりですよねw

もうみんなこれを多用してしまい、その結果やらかしてしまったことが。

回転攻撃で攻撃&回復をしまくっていたら、油断して全員まとめてナルガに吹き飛ばされてしまいました。
普通に立ち上がったのですが、問題はこのあと。

何を思ったか全員溜め攻撃の体勢に入り、ほとんど同じタイミングでナルガに近付き回転攻撃を行ったのですwww
その姿はまさに質量を持った残像。

今回友人が上黒毛が足りないということで4回やったのですが、被弾の多さの割にはほとんど回復薬を使いませんでした。
まあクレイジーの回転2人分の回復があれば、回復薬なんていらないんですよねw

とにかく、この光景を見た瞬間狩り場は爆笑の渦に包まれましたwwww
帰り際まで残像フィーバーの影響は続いてましたwww

さて3Gの残りの目標ですが、ちょっとやる気がなくなってきましたw
意味もなくひたすらに狩猟数上げることほど嫌なことはないと思うのですよ。

P2Gが楽しくて本格的にポッケ村に戻るかもしれませんww
一応3Gもやりますがね。


という訳で今回はここまで。
それではまた次回~(´∀`*)ノシ バイバイ

ランキングに参加しています! 是非ともクリックしてくださいね(・ω・)/

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター3Gへ
にほんブログ村 

MH3G ブログランキングへ

【MHP2G】宵闇と朧月

Posted by 琥珀 on   4 comments   0 trackback

どうも、琥珀です(`・ω・´)

本格的にP2G熱が復活してきた感じです。
しかもダークソウルとか世界樹の迷宮(体験版ですがね)もちょくちょくやってます。

おかげでここ数日3Gは触れてないです。

まあそれは置いといて・・・今回も旧大陸モンスターの紹介です。
今回はクシャル・テオと並ぶP2G古龍の3種目、霞龍オオナズチです。

まだMH4への参戦が決定してませんが、多分ナズチも参戦するでしょう。
というか、ナルガ共々これで出なかったら可哀想と思うと同時にユーザーの怒りも買ってしまうのでは。

このオオナズチはちょっと見た目が好みが分かれる感じとなってます。
これがオオナズチというモンスターです。

A5AAA5AAA5CAA5BAA5C1.jpg
見た目はちょっとサンショウウオっぽいというか、かなり特徴的な見た目となりますね。
私はこのモンスターから作れる装備共々、割と好きなほうだったりします。
まあナルガやクシャルと比べるとどうしても見劣りしますが。


このオオナズチの特徴が指し示すところは、その別名にあります。
ナズチはテオやクシャルのように特殊な鎧を纏ったりはしませんが、場合によってはこれらの鎧以上に厄介な能力があります。

ナズチの別名は先程書いたように霞龍です。
霞という単語を見て皆さんは何を想像しますか?

narugakuruga_kisyousyu.png
多分、これじゃないですか?
みんな大好きナルガクルガ希少種、通称ルナルガですよね。

ルナルガの特徴といえばなんですか?

・・・え? 原種や亜種に比べて隙がない?

・・・・・・ほう、物理の原種に気絶の亜種、希少種と言えば毒ですか。


でももっと特徴的なこと、ありますよね。
もったいぶらずにさっさと言ってしまいましょう。

ルナルガのアイデンティティと言えば不可視になること、オオナズチはそんなルナルガの師匠たる存在なのです。
つまりはどういうことか・・・もうお分かりですよね。

オオナズチは当時までのモンスターの中でも並外れて稀有な性質、不可視になるということを最初にやったモンスターなのです。
あ、MH4復帰組であるバサルモスの擬態もまた珍しい性質ですがね。

不可視になる、と聞いてもたかだか攻撃前後とかでしょ? とルナルガの古龍版と思うでしょうが、そんあ甘い存在ではない。
攻撃前に不可視になるルナルガに対して、ナズチは不可視が基本体勢となります。
しかも生息フィールドは沼地や密林、森丘だったりと至って普通のフィールドです。

つまりナズチ戦の最大の関門は、ナズチを見つけるという点にあります。
これ、他のモンスターとは比べ物にならないほど難しいんです・・・・・・

普通のモンスター、レウスとかティガとかはエリアを飛び回るものの、各エリアを歩いている時は普通に可視できますよね。
しかしナズチの場合は、エリア移動する際はもちろんエリア待機中も透明なままです。

何もないはずのエリアの道で、見えない壁のようなものに阻まれたら、それはオオナズチなのです・・・・・・

悪いことは重なるもので、どうもナズチという生き物は外敵を察知する能力が乏しいらしく、向こうから見つけてくれることはあまりありません。
さらに透明化していると肉質も固くなるというからたまらない。



逆に言えば見つけてしまえばテオやクシャルに比べて戦いやすいので、しばしば乱獲される。
対策としては自動マーキングか千里眼の薬&ペイントボールさえ忘れなければなんとかなります。


ここまで消えることばかり書いてきましたが、やはりそれだけでは終われないのが古龍種というものです。

突然ですが、皆さんはこのモンスターについてどんな感情を抱きますか?
meraru.gif
可愛いネコちゃん? 人の持ち物を盗む悪党?

まあ感覚は人それぞれですが、問題なのはメラルーの能力ですよね。
所謂盗む能力ですが、メラルーの場合マタタビを持ち歩けば問題ないです。

ちなみにMH4復帰組のゲリョスも盗む能力を持ってます。
ついばむ攻撃がそれですが、ゲリョスの場合光り物を優先して盗みます。
適当に光蟲や要らない鉱石などを持ち込めば安全ですが、ゲリョスに盗まれたものは絶対に返ってこないので注意。

問題は件のナズチなのですが、最初の画像にもあるようにカメレオンのような長い舌を持ってます。
この舌でなぎ払ってくる攻撃があるのですが、これに盗み効果が付いてます。

恐ろしいことにナズチが優先して盗むものは回復アイテム、もとい飲食可能なアイテム
しかもゲリョス同様盗まれたものは返ってこない。

つまり、後述する攻撃を食らって、かつ強走薬や秘薬を盗まれると詰んでしまうほど厄介です。

ナズチ対策防具のカイザーXに炎鱗の護りというスキルがありますが、これは毒無効・盗み無効に加え、疲労無効というスキルも複合されてます。

疲労無効は腹減り無効とは全く別のスキルで、状態異常:疲労の対策スキルです。
疲労に陥ると問答無用でスタミナが25に激減します。
その上、元気ドリンコかいにしえの秘薬を使わないと他のスタミナ回復アイテムが使用できないというおまけつき。

幸い強走効果は問題なく発動発動するので、強走薬を飲んでおけば安心ですね。
とはいえ、強走薬もナズチの盗みの対象なので過信はできないが。

そして対策の複合スキルに毒無効が付いている通り、毒ガスも噴射します。
さらに防御力も下げたりといやらしい攻撃ばかりです。


ナズチの最大の見せ場である透明化ですが、もちろん発動できなくすることも可能です。
しかし、クシャルとテオが頭破壊のみで鎧を纏えなくなるのに対し、ナズチは頭と尻尾の破壊が必要です。

頭の破壊には龍属性のみで体力は関係ないのですが、尻尾は変わらず30%未満にならないと切断不可能。
なのでかなり長い時間は見えないところからの不意打ちに注意しないのいけない。
まあ攻撃前は姿を現しますし、この瞬間に音爆弾を使えばしばらく姿を消せなくなりますがね。



さて、ナズチ戦で使ったのは前回紹介したカイザミ装備です。
武器も変わらず龍双剣でいきました。

NEC_0234.jpg

クリアタイム 24:07

ナズチ戦なんですが、双剣を使うとほとんどPSの要らない乱舞厨プレイが一番だったりしますw
後足を攻撃してるとダウンするので、その隙に頭狙ったりします。

乱舞が有効なのは、ナズチの肉質が固い部分が多いからですね。
しかも透明化すると固くなりますし、動きが緩やかなので乱舞も当てやすいという点からです。

とはいえ・・・ナズチくらいは20分針狙いたかったな・・・ww



今回はナズチを攻略しましたが、次回はキリンを書く予定です。
もう挑戦してクリア済みですが、やっぱ強いって・・・

タイムと内容的にちょっと納得いかないので、何回かやってから書くかもしれません。

なお、紹介して欲しい旧大陸モンスターはまだまだ募集しています。
とりあえずヴォルガノスと某サイヤ人はすぐ書けるのでwww


という訳で今回はここまで。
それではまた次回~(´∀`*)ノシ バイバイ

ランキングに参加しています! 是非ともクリックしてくださいね(・ω・)/

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター3Gへ
にほんブログ村 

MH3G ブログランキングへ

【MHP2G】煉獄の主、再臨

Posted by 琥珀 on   4 comments   0 trackback

どうも、琥珀です(`・ω・´)

3DSLL同梱MH4の予約が始まってから丸1日半が経過しましたが、やはりあっという間に完売という結果だそうです。
どうやらアイルーホワイトのほうが早く売り切れたらしく、ちょっと意外でしたかね。
まあ今思えば体験会のスペシャルステージで発表されたときも、周りから「アイルーを買う」という方も結構多かったですしね。

そして私事ですが、数日前にこのブログの閲覧者数が20000を突破しました!
最近はPV数も減っていてちょっと不安なところもありましたが、無事に超えてよかった。

これからも本ブログを是非ともご贔屓に♪



さて、今回は前々回の記事にて予告していた、旧大陸モンスターの紹介をします。
ティガとクシャルは既に紹介済みなので、今回は炎王龍テオ・テスカトルについての紹介です。


クシャルが風の古龍ならば、テオは炎の古龍となる。
クシャルの特徴であった風の鎧、テオの場合は炎の鎧としてハンターを悩ませる存在となる。

龍風圧を生み出す風の鎧とは違い、炎の鎧を纏うテオは近づくだけでダメージを受ける。
このダメージは所謂「地形ダメージ」と同じなので、地形ダメージ無効(3Gのネコの火渡り術)を付けることで無効化できる。
テオと戦うだけでも常時危険にさらされるため、地形ダメージ無効のあるなしではかなり難易度に差が出る。

これだけでも十分恐ろしいテオなのだが、さらに恐ろしい攻撃がいくつか存在する。

一つ目は突進
他のモンスターでも多く見られる突進だが、テオの突進にはハンターの位置を予測する能力が備わっている。
例えば、アルバの突進を時計回りで回避しようとしたら、移動先に合わせて突進してきた、という経験はないだろうか?
テオの突進はまさにアルバの突進と全く同じ動き方をしている。

まあ、もちろんアルバの方が後発だし、アルバの骨格は旧大陸の古龍種と同じなんだけどねw
だからクシャルみたいな見た目だし動きもテオっぽいのです。

もうひとつの脅威、それは粉塵爆発だ。
現実にも存在することですが、小麦粉を大量に撒いた部屋の中で火を着けると爆発するということですね。
テオの粉塵爆発は翼から古くなった組織片を飛ばして牙を火打石にしてます。

この粉塵爆発、見た目は綺麗と思うかもしれないが、その破壊力はかなりのもの。
3種類の粉塵を使い分けてくるが、赤は至近距離、オレンジは近距離、黄色は遠距離となっている。
それぞれに安全地帯は存在しているが、G級になるとハンターの位置にピンポイントで狙うこともある。
狙われたハンターがどこにいてもしっかり狙撃するため、黄色の粉塵が出て安心して大剣溜め3を入れようとしたら真下から爆破、ということもしばしば。


このように強力な古龍となっているが、雌雄の関係にあるモンスターも存在している。
炎妃龍ナナ・テスカトリと呼ぶのだが、こいつが出現するクエストは村のみ、つまりソロ専用なのです。
まあテオに比べるとやはり体力面で劣りますが、それ以外はほとんどテオと同じです。

余談ですが、MHFに登場するナナ素材を使う某片手剣はとんでもない性能を誇ってます。
MHF未経験の方でも存在は聞いているのではないだろうか?

その名も炎妃剣【渇愛】。攻撃力は210しかないが、問題はそこではない。
この片手が有名となった最大の理由、それは属性値が火属性2100ということ。
MHFの分類である剛種のナナを何度も狩らないといけないことや、リーチが短ということを考慮してもぶっ飛んだ性能だろう。

話がずれてしまったが、今回のテオ戦は双剣で挑みました。
装備はこんな感じ。

NEC_0232.jpg

本当は使いたくなかったんだ・・・クシャル頭・・・←
また見慣れぬスキル「鋼殻の護り」というものがありますね。
これは地形ダメージ無効に火耐性UPです。

とはいえ、クシャルXの元々の火耐性や龍耐性は決して高くないので、攻撃には注意が必要です。

テオで注意するべきことは、やはり角の破壊ですね。
今回は地形ダメージ無効を付けていますが、仮に撃退クリアした時に備えて最優先で壊します。
もちろん素材も惜しいですがねw

クシャルで有効だった毒や閃光も相変わらず効きます。
これらとダウンを取れば炎の鎧は一時的に消えますが、閃光に限り激しく暴れます。

基本的には頭で乱舞を入れるのが基本戦法ですね。
ただし前足でのネコパンチもあるので深入りは禁物。

私自身、クシャルは問題ないですがテオはガチのソロがちょっと苦手で・・・かなりの苦戦を強いられました。
回復薬はもちろんグレートの調合分まで持って行ったのですが、ほとんど使い切りました。

結果はこうなりました。

NEC_0233.jpg

クリアタイム 24:34

久々だったし撃退に縺れ込むかなーと思ってましたが、ギリギリで討伐でした。
もう少し感覚を取り戻せば20分針前半くらいは楽にいけるかと思います。

テオは強力な古龍ですが、テオの素材を使う装備はどれも強力です。
ナズチ戦に使った装備、通称カイザミ装備はもちろん、武器もなかなかの性能です。

ちなみにカイザミ装備というのは、カイザーXとギザミUとZを組み合わせた装備となります。
スキルは斬れ味レベル+1、業物、砥石使用高速化、見切り+1と、双剣にぴったりなスキル構成です。


さて、今回ナズチも書くつもりでしたが、思った以上に長くなったので次回に回しますw
早く書かないとどんどん戦闘時の記憶が消える(既にクリアはしてる)ので、早めに書きます。

あと、もし旧大陸モンスターで紹介してほしいというモンスターがあれば書こうと思います。
ただ、ミラ3兄弟に関しては自信がないのでクリア報告はできない可能性が高いですw



というわけで今回はここまで。
それではまた次回~(´∀`*)ノシ バイバイ


ランキングに参加しています! 是非ともクリックしてくださいね(・ω・)/

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター3Gへ
にほんブログ村 

MH3G ブログランキングへ

【MH4】スペシャルパック予約開始!

Posted by 琥珀 on   8 comments   0 trackback

どうも、琥珀です(`・ω・´)

今回は簡潔に最新情報をお伝えします。
まあ若干乗り遅れた感もしますがね。


つい数時間前ですが、ついに3DSLL同梱版MH4が予約開始しました!

定価は26000円。
イーカプコンと楽天で予約開始しています。

イーカプコンと言えば限定特典ですが、やはり今回もイーカプコンの方は入場制限が掛かっています。
幸い楽天の方は普通に予約できるようなので大丈夫そうです。

当然ながら私も予約してきました。
最後まで悩みましたが、結局マガラブラックにしましたwww
今持ってる3DSが白だし、違う色にしようかなーと思った次第です。

さらに、今使ってる3DSはモンハンのやりすぎからかちょっと調子が悪くて……

Rボタンの利きが悪いのと、たまにスライドパッドを操作してないのにキャラが動いたりしますしね。
正確にはちょっと倒したはずなのに移動距離が明らかに長いって感じですがね。

まだ予約をされていない方はお早めに。
楽天もソフト単品の混雑具合を見ると、今回も戦争になりそうですし。
発売当日に何時間も前から並んで手に入れる、なんてのはしたくないですしねwww

という訳で、なんとかMH4を確保したことですし、残りの3ヵ月もたっぷりモンハンしたいと思います。
企画はある程度考えてまして、こんな感じとなってます。


・3Gの残りの目標を消化
勲章、武器使用回数、武器収集を除くと、モンスター100頭とHRになりますね。
武器収集のラストの方から、ちょっと狩猟数上げのモチベが下がって来たので、できることなら違うことやりたいですなw

・MH4復帰組の紹介
今一番やりたいこと(笑)
久々にP2Gやったら熱が再浮上してきたので、過去作未経験者向けにまとめるつもりです。
前回のティガやクシャルのように実際にクエに行ってクリア証明と共に紹介するつもりです。
基本的にはG級の単体クエをやるつもりですが、諸事情によって複数や上位クエになる場合もあります。

・モンハン以外のゲームプレイ日記
これもまた魅力的……ww
P2G熱と同時にダークソウル熱も復活してしまい、ちょっと2週目をやってます。
今思うと何故1週やっただけでやめたのか分からないw
まあこの時はドラゴンズドグマがありましたがねww


……思った以上に長くなってしまった。
予約開始からちょっと経っているので、無事予約できるかは保証できなくなりそうです。

今すぐイーカプ&楽天をチェックチェック♪


という訳で今回はここまで。
それではまた次回~(⊃^∀^)⊃

Category : MH4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。